直接会ってそれが言えるのか?という考え方は大事

直接会ってそれが言えるのか?という考え方は大事

「脱げよ!」

 

「早くしろよ!」

 

と人妻が怖がってしまう言葉を投げかけたりチャットで打つ男性がいることをチャットした人妻から聞いて驚きました。

 

ライブチャットはお互いが気持ちよい行為をする場所なので二人の呼吸があってないと成り立ちません。

 

この行為は人妻からしても言葉を投げかけている若しくは打っている男性にも何一つ得な事はありませんね。

 

たしかに、匿名性が強いライブチャットは良い部分もあります。

 

匿名性が高いからこそ日頃ひた隠しにしている変態性癖を女性にぶつけることができるとあって

 

ライブチャットには色んな変態さんが性欲を解消しています。

 

直接会ったらこんなのいえないよね?

 

恥ずかしいけど、勇気を出していってみよう!

 

こう思える方は「直接会ってそれが言えるのか」という考え方ができています。

 

暴言や横柄な態度をとって人妻を困らせる男性はこの考え方ができていない為に好き勝手に言っているのです。

 

暴言こそが我が性欲!ならばこう考えろ

 

それで性的な欲求が解消されているのかもしれませんが、

 

それならSM系のライブチャットにいくべきであり、一般人の主婦が集まる人妻系ライブチャットでやるべきではありませんね。

 

「直接会ってそれが言えるのか?」理論で行くと

 

面と向かって人妻に言えないけどSM好きな女性なら理解があるし言えるな。

 

となるわけです。

 

匿名性は高くても誰とチャットをしたのかは記録として残るので

 

あまりに悪行を働いているとその女性からブラックリストにのってしまいますし、

 

最悪、運営に通報されてそのライブチャットを出禁になる可能性もあります。

 

一生ライブチャットを利用できないなんてチャット好きにはキツイものがあります。

 

こんな時は気を付けよう

 

酔っぱらっている時

 

イライラしている時

 

暴言を吐いたりしてしまう恐れがあるので気を付けましょう。

 

私は大丈夫♪

 

と油断していると自分が暴言を吐く側の人間になってしまうかも?

 

まとめ

 

チャットは実際に会って話すこと、エッチすることと何も変わりません。

 

この考え方で相手と接することができれば難しいことは考えなくても

 

必ず理想的なライブチャットを楽しむことができます。

 

画面越しに映る人妻と実際に会っているという事をイメージしながら

 

チャットすることがポイントですね。

page top